Blog single photo

Google Chromeが広告の悪を改革するための「プライバシーサンドボックス」を提案-CNET

Google Chromeはブラウザ市場を支配しています。                                                     スティーブンシャンクランド/ CNET                                                 GoogleのChromeチームは木曜日に、「プライバシーサンドボックス」を提案しました。これは、両方の長所を提供するように設計されています。パブリッシャーは私たちの興味をターゲットにできますが、プライバシーを侵害しません。これは、主要なブラウザであるChromeが競合他社に遅れをとっている分野での主要な開発であり、ブラウザにはすでにセキュリティサンドボックス、マルウェアを制限し、起こりうる損害を制限するための制限が含まれています。 Googleが提案したプライバシーサンドボックスは、Googleが公開した提案の詳細によると、追跡技術を同様に制限します。プライバシーサンドボックスは、「ユーザーのプライバシーも保護するパーソナライズのための安全な環境」です。プライバシーサンドボックスのブログ投稿。 「私たちの目標は、プライバシーに対するユーザーの期待とより一貫した一連の標準を作成することです。」たとえば、Chromeは一部のプライベートデータをブラウザーに制限します。これは、Brave Softwareがプライバシー重視のライバルWebで採用したアプローチですブラウザ。また、個人情報の共有を制限し、差別化されたプライバシーや連合学習と呼ばれるテクノロジーを使用して大勢の人々で共有されるようにすることもできます。この議論は、検索やGmailなどの広告を表示する便利で無料のサービスを提供するGoogleにとって困難なものであることがわかっています。また、他のウェブサイトやアプリのパブリッシャーが広告を表示するために使用する最大の企業の1つでもあります。この問題は、プライバシー保護が広告ビジネスと対立するChromeで特に指摘されています。プライバシーサンドボックスは、Googleの研究者による数か月にわたる作業の結果であり、機能し、Webサイトで受け入れられ、 Googleのプライバシーサンドボックス機能の最終的な効果は明確ではありませんが、会社が変更を検討していることは注目に値します。 Googleの第2四半期の収益の約83%は合計330億ドルの広告によるものであったため、同社はオンライン広告を可能な限り収益性の高いものに維持するための強力なインセンティブを持っています。広告主はオンラインでの行動から推測します-サイト運営者にとって価値があります。また、Googleは、ブラウザーが私たちの行動を追跡して広告をターゲットにするために使用されるCookieと呼ばれるテキストファイルをブロックすると、パブリッシャーの広告収益が52%減少するとの調査結果を発表しました。                                                                                                                                      再生中:                         これを見て:                                          多数のAndroidアプリがプライバシー管理を回避しています                                                                                 1:12                                                                 Googleがプライバシーについて真剣に話しているのを聞くのは良いことだ、と以前MozillaのFirefoxブラウザを率いていたBraveの最高経営責任者Brendan Eichは語った。しかし、彼はまた、Googleの努力がどれほど成功するかについて懐疑的だと述べた。「これは誤解を招く「プライバシー問題」のボトルに入れた弱いソースのように見える」とEichはツイートした。グーグルは「妥協を偽造するために信頼する最後のエンティティです。」トラッカーのブロックが一般的になりますサイト間で私たちを追跡するクッキーをブロックすることが一般的になっています。 AppleのSafariは、インテリジェントトラッキング防止と呼ばれるテクノロジーを備えた、最も有名なブラウザーです。 Firefoxもデフォルトでトラッキングのブロックを開始し、Braveは2016年の発売以来ブロックを開始しました。Microsoftの新しいChromium搭載のEdgeもトラッキングをブロックします。トラッキングCookieのブロックに関するもう1つの問題は、フィンガープリントと呼ばれる技術。クッキーで追跡するほど強力なシグナルではありませんが、それは私たちを識別するのに役立ちます、そしてすべての主要なブラウザは指紋をブロックするアプローチに取り組んでいます。これはユーザーの選択を覆すものであり、間違っていると思います」とSchuh氏は述べました。オンライン広告はプライバシーの懸念から汚名を付けられました。あなたが製品を購入していない場合、あなたは製品です、人気の格言が行く。翻訳:広告をサポートする無料のサイトとアプリは、個人データを広告主に販売することで存続します。ニュース出版社は、無料記事を制限するペイウォールにますます依存していますが、それはまた、読者を制限し、裕福な人々がプライバシーを保護する時間をより簡単にすることを意味します。 Mozillaのセキュリティおよびプライバシー製品のディレクターであるPeter Dolanjski氏は、次のように述べています。 Mozillaは、デフォルトでアンチトラッキング技術を有効にする前に出版社に連絡した、と彼は言った。 「収益にマイナスの影響があることを認めつつも、私たちと話し合った多くの出版社はこれを短期的な問題と見なし、オンライン広告は新しい現実に追いついています」と彼は言いました。 「本質的に、彼らはプライバシーを長期的な戦略的ビジネス利益の一部であると考えています。」Googleのプライバシーサンドボックスの要点Googleの提案には、今日個人情報や個人情報を漏らすコンジットをシャットダウンするいくつかのメカニズムがあります。その中でも、ブラウザ自体の機械学習ソフトウェアを使用して人々の興味を評価する、コホートの連合学習(FLOC)と呼ばれるアイデアです。その情報は、大勢の人々のグループ(はい、群れ)を反映する場合にのみ広告主と共有できるため、広告主は個人の個人情報を知らなくても広告のターゲットを設定できます。 Webユーザーを信頼できるセグメントと信頼できないセグメントの2つのセグメントにグループ化する。広告詐欺には、広告の偽の表示やクリックが含まれるため、広告を見ている人が実際にいない場合でも広告主は支払う必要があります。今日の広告詐欺の取り組みは、個人のみを追跡することが多く、広告主は、広告された製品を購入する人々のような成功をもたらす広告を広告主が把握できるようにするコンバージョン測定技術です。特に人々が1つのサイトで広告を表示し、別のサイトで製品を購入する可能性があることを考えると、これは複雑ですが、Googleはその提案がより単純な場合でも弱点があることを認めています。そのため、そのコンバージョン測定技術は、「プライバシーを維持する方法で有効な広告ユースケースをWebプラットフォームに再現する」ために必要な多くの努力の1つである可能性が高いとGoogleは述べた。ウェブサイトが個人情報をどれだけ制限できるかGoogleの提案は包括的ではありますが、多くの課題ももたらします。その成功は、出版社、広告主、その他のブラウザメーカーに勝つことにかかっています。また、GoogleはWebの新しい標準を提案していますが、これは多くの場合数年かかる共同開発プロセスです。当初公開されたのは8月22日午前7時20分、PT.Updates、午前9時49分です。 10:26 a.m. and 1:09 p.m .:さらなる背景を含む; 2:06 p.m:Mozillaからのコメントを追加します。                                                                                                                                                                                                                続きを読む



footer
Top